会社概要

沿革

TSKブランド部門
(旧名 塚本精機株式会社)
大正8年 3月
資本金100万円にて工作機械、石油削井機械等の製造・販売を目的とし「塚本商事株式会社」を設立
昭和17年12月
「塚本精機株式会社」に社名変更
昭和27年 9月
資本金600万円に増資、各種深井戸掘削用ロックビット、ツールス計測器類等を開発
昭和44年09月
資本金6,000万円に増資、米国石油協会APIの認定取得
昭和49年 4月
サンシャイン計画のメンバーとなり高温地質掘削技術の開発に着手
昭和52年 6月
グループ会社であった「東洋興産株式会社」及び「東神鋳物株式会社」を吸収合弁し資本金を1億3,900万円に増資
昭和52年 8月
新潟県柏崎市に「柏崎工場」を新設、遂次製造部門を柏崎工場へ集結
IKSブランド部門
(旧名 株式会社板橋機械製作所)
昭和31年11月
親会社である戸部鉱業株式会社が石油資源開発用機器、バルブウェルヘッドの製造販売を目的に「戸部鉱業株式会社・板橋製作所」として創業
昭和33年 3月
戸部鉱業株式会社より分離独立し資本金2,000万円にて「株式会社板橋機械製作所」を設立
昭和38年 3月
米国ACF社と技術提携し、W-K-Mブランドの石油、天然ガス用高圧バルブの製造に着手
昭和41年12月
米国石油協会APIの認定取得
昭和61年 1月
新潟県刈羽郡西山町に「新潟工場」を新設
 
 
 
 
 
 

TSKとIKSの合併

平成 2年11月
塚本精機(株)と(株)板橋機械製作所が合併し「株式会社ティクス」に社名変更(資本金297,824,000円)。TSK、IKSのブランド別二事業部制により製造・販売活動開始。
平成 6年 9月 (IKS事業部)
米国COOPER社(旧社名 ACF社)と30年間に及ぶW-K-Mブランドの技術提携を解消し、純粋IKSブランドでの製造・販売を開始。
平成 8年 9月 (TSK事業部)
インドネシアに「PT. TIX INDONESIA」を設立しロックビットの海外生産を開始。
平成12年9月撤退。
平成11年 2月
新潟工場にてISO9001認証取得。
平成13年 6月 (IKS事業部)
英国PLEXUS社とウェルヘッド・クリスマスツリーの技術提携締結。
平成23年6月技術提携期間終了。
平成14年 3月 (IKS事業部)
マレーシアに合弁会社TIX CORPORATION (M) SDN. BHD. を設立。ウェルヘッドの製造販売開始。平成25年4月 SOLAR TIX SDN BHDに社名変更。
平成14年 9月
品川区大崎駅周辺の都市開発に伴う本社ビル建設のため本社移転
平成16年 8月
資本金100,000,000円に減資

会社再編

平成22年 7月
「株式会社ティクス」は「株式会社ティクスホールディングス」(資本金1億円)に社名変更し、新たに同社の100%子会社として「株式会社ティクスTSK」(資本金95百万円)と「株式会社ティクスIKS」(資本金95百万円)の2社を設立し、夫々にTSK事業部、IKS事業部の業務を移管した。
平成24年 6月
株式会社ティクスホールディングス、株式会社ティクスIKS、株式会社ティクスTSKの3社揃って、環境マネジメントシステム(ISO 14001:2004)認証登録。
平成25年 3月
中国 上海市に泰凱斯(上海)貿易有限公司を設立。貿易業務開始。